日本歯科大学 新潟短期大学

就職

卒業生の活躍

先輩からのメッセージ

後輩のみなさんへ─夢を叶えた先輩が今、伝えたいこと

国家資格に合格し、歯科医療の現場に進んでいった多くの先輩が学生時代のこと、歯科衛生士となってあらためて感じる想いを寄せています。

歯科衛生学科 卒業生

患者さんに「優しく、丁寧」を心がけて

pic_success01.jpg

第25回生・平成22年3月卒業 新潟市 総合病院勤務

私は2人の子どもを持つ母親の歯科衛生士です。国家資格を持つ職種なので、下の子を出産後に資格を活かしてまた歯科衛生士として復帰しました。子どもの患者さんが来たら自分の子育ての経験を活かして優しく楽しく接するようにしています。また、母親の皆さんには子どもの歯磨きの仕方を中心にアドバイスするように心がけています。患者さんに優しく丁寧な対応と説明をして納得してもらってから処置をするようにしています。

歯科衛生士という職種は利点が多くあります。歯科医院は、日曜日や祝日が休みであることが多いし、国家資格があるので一生を通して続けられる仕事です。女性はライフスタイルが変化する事が多いので、長く続ける事ができるこの仕事を選択して本当に良かったと思っています。母親としても歯科衛生士としても充実した毎日を過ごしています。

生涯現役歯科衛生士をモットーに

pic_success02.jpg

第17回生・平成13年3月卒業  新潟県 介護老人保健施設勤務

ご縁があって9年程前から介護老人保健施設に勤めています。

仕事は主に胃瘻で寝たきりの入所者や認知症専門棟・一般棟の入所者など約150名の口腔ケア、職員の指導等に携わっています。最近では、「終末期の口腔ケア」に携わることも増えてきました。最後まで「口から食べる」ことを支援すること、苦痛のない口腔ケアをするにはどうしたら良いか、試行錯誤の日々です。

プライベートでは3人兄弟の子育て中です。上の子どもたちは野球をやっており、週末は練習や大会に応援に行くことが楽しみです。私自身もママさん野球の大会に向けて、練習に励んでおります。

将来的には、在宅訪問診療の現場で働きたい夢もあり、「生涯現役歯科衛生士」をモットーに奮闘中です。

専攻科 卒業生

一人の "歯科衛生士"として

pic_success03.jpg

令和3年3月 専攻科 歯科衛生学専攻修了

歯科衛生士として、 より専門的な知識や技術を学ぶとともに、 教育者として学生へ指導することを経験し、 将来につなげたいと考え、 専攻科に進学しました。

1年という限られた時間の中で、 本学の先生方、 新潟病院の先生方のお力添えの元、 病院実習、 論文作成、 小学校指導、 教育実習などたくさんの経験をさせていただきました。 その一つひとつで、 "学生"としてだけではなく、 "歯科衛生士"として考え、 行動することも多く、 歯科衛生士という仕事と向き合うことのできた1年でした。
一人でも多くの方の役に立てるよう、 お世話になった方々への感謝の気持ちを忘れず、 本学で学んだことを活かして、 歯科衛生士として日々成長していきたいと思います。

患者さんを笑顔にできる歯科衛生士を目指して

pic_success04.jpg

令和3年3月 専攻科 歯科衛生学専攻修了

「自信を持って笑うこと」「楽しく話すこと」「おいしく食事をすること」など、 生活の充実に大切な、 お口の健康を支える歯科衛生士という職業に魅力を感じました。 また、 さまざまな理由で通院困難となった患者さんに対しても、 年齢や疾患に関係なくサポートできたらと考え、 在宅歯科医療学専攻への進学を決めました。

専攻科では「人との関わりの重要性」を学びました。 私たち歯科衛生士の仕事は、 単に口の中を診るだけではありません。 患者さんの生活環境や全身状態・心理状態を診る必要があります。 そのため、 歯科医師や介護士などの多職種と連携して情報を共有し、 患者さんやそのご家族とも関わり信頼関係を構築することが重要であることを学びました。

専攻科では、 歯科衛生士である私にとって成長を実感することができ、 充実した一年を過ごすことができました。 専攻科で学んだ「人との関わり」を大切にし、 患者さんに笑顔になってもらえる歯科衛生士になれるよう日々精進していきたいです。

「多職種連携」に挑んだ1年

pic_success05.jpg

令和2年3月 専攻科 がん関連口腔ケア学専攻修了

歯科衛生学科時代の病院実習で「周術期における口腔ケア」に関心を持ち、専門的知識や技術を身につけたいと思い、専攻科がん関連口腔ケア学専攻に進学しました。

新卒で専攻科に進学したため苦労することもありましたが、1年間で多くのことを経験させていただきました。がん患者さんの術前、術中、術後の「周術期の口腔ケア」を行うには技術だけでなく、患者さんの全身状態や治療内容、服薬状況などを把握することの大切さを学びました。また、がん専門の病院での実習では、医師や看護師など「多職種との連携の重要性」について深く学ぶことができ、歯科衛生士として成長できた1年でした。

今後は学んだことを活かし、さまざまなことに目を向けて多くの人の「口の健康」を守れる歯科衛生士になれるよう、頑張っていきたいと思います。