日本歯科大学 新潟生命歯学部

カリキュラム

ディプロマポリシー

学位授与の方針,卒業時の達成目標

建学の精神である「自主独立」のもと、学則第1条に基づき、深く歯・顎・口腔の医学の知識を身につけ、知的、道徳的及び応用的能力を展開させ、さらにはその具現ができる技能をもって人類の文化の発展と福祉に寄与し、国民の健康な生活に貢献できる歯科医師を育成するため、教育目標に従ったカリキュラムにより、具体的に養成すべき人材像をディプロマポリシー(卒業時の達成目標)として以下に列挙する。

  1. 幅広い教養と倫理観を持つプロフェッショナリズムを備えた医療人として行動する。
  2. 根拠に立脚した歯科医学知識を生涯学び続け、患者の問題を発見し解決する。
  3. コミュニケーション能力を身につけ、医療の多職種と良好な連携関係を構築する。
  4. 超高齢社会に対応した地域完結型医療の必要性を説明する。
  5. 専門に偏らない幅広い知識を身につけ、その基本的技能を実践する。
  6. 健康増進と疾病予防について全身的関連も踏まえて説明する。
  7. 国際化を意識する。