日本歯科大学 新潟生命歯学部

カリキュラム

カリキュラムポリシー

教育課程編成・実施の方針

 建学の精神である「自主独立」のもと、高等教育機関として、広く知識を授けると共に、深く歯・顎・口腔の医学を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させ、さらにはその具現ができる技能をもって人類の文化の発展と福祉に寄与し、国民の健康な生活に貢献することを使命とする(学則第1条)歯科医師の育成するため、教育目標およびディプロマポリシー(卒業時の達成目標)を実現するためのカリキュラム(教育課程)の策定方針を以下に列挙する。

  1. シラバス(授業計画)には、全授業科目に一般目標(GIO)と個別行動目標(SBOs)を明記し、合わせて評価方法および評価基準、その他必要事項を記載して学習者に提示する。記載されたSBOs が積み上げられることで GIO が達成され、各授業科目の GIO に到達することでディプロマポリシーが達成される。
  2. 1年次には、特に歯科医学生に必要な自然科学、人文・社会科学、語学教育、情報科学および医療人初期教育を中心とした教養教育を実施するとともに、歯学教育の導入として歯科医師としての基本的な態度を育成するプログラムを構築する。
  3. 2年次は、1年次のからの教養教育の継続とともに、基礎医学を中心とした歯学教育を開始し、その専門科目では、歯学教育モデル・コア・カリキュラムを基本とするカリキュラムを構築する。
  4. 3年次は、臨床参加型実習を充実すべく臨床歯科学を開始するとともにこれら科目に関連する臨床基礎実習も合わせて開始する。
  5. 4年次は、臨床参加型実習の準備教育を完成させるべく、臨床歯科学の講義および実習を中心に構成し、合わせて臨床実習生として医療スタッフに参加するに必要な社会歯科学を充実する。
  6. 5年次は、臨床実習として歯学教育モデル・コア・カリキュラムの臨床実習の例示を参考にすべての診療科において臨床に必要な知識・技能および専門職としての態度を修得できる臨床実習プログラムを構築する。
  7. 6年次は、これまでの知識を総括し、臨床応用としての問題解決能力を修得できるカリキュラムを構築し、卒業試験においては、歯科医師国家試験に準ずる形式の試験により卒業を認定するに資する知識を確認する。
  8. 全人的歯科医師の養成を目標に実施するPBLテュ-トリアルでは学習課程の進行に対応した累進型を念頭においたシナリオ作成を行う。
  9. 国民および社会のニーズ、さらには国際社会の変化に対応すべく、必要に応じて科目の見直しを含めたカリキュラムの変更を迅速に行う。