日本歯科大学新潟病院医科病院

矯正歯科

矯正歯科とは

悪い歯ならびや噛み合わせを改善し、きれいな歯ならびと良好な噛みあわせを獲得する歯科治療です。きれいな歯ならびにするために、歯を削って「差し歯」にすることは、基本的にありません。矯正装置を用いて、歯や顎の骨に力を加えて、歯ならびと噛み合わせを治します。

歯がふぞろいだったり、良好に噛み合わなかったりする状態を、専門的には「不正咬合」といいます。不正咬合を治すことで、自分の容姿に自信が持て、コンプレックスを解消できることも、矯正治療の重要な目的のひとつです。

治療内容

治療内容は、患者さんの年齢、悪い歯ならびの種類と程度、その原因などによって異なります。同じ種類の歯ならびでも、ひとり一人の治療内容は異なります。小児の反対咬合(受け口)と成人の叢生(乱杭歯)の原則的な治療について説明します。

叢生治療前

叢生治療前

叢生治療後

叢生治療後

反対咬合(受け口)の治療は、6歳前後から開始し、上顎(うわあご)の成長を促進したり、下顎(したあご)の成長を抑制したりします。永久歯がすべて萌出した12、13歳の頃から、口腔内にワイヤーを装着し、概ね2年間歯の移動を行います。噛み合わせが安定するのを、17、18歳まで観察し、矯正治療が終了になります。

成人の叢生(乱杭歯)の治療は、概ね2年間、口腔内にワイヤーを装着して行います。その後、さらに概ね2年間、噛み合わせが安定するのを観察し、矯正治療を終了します。

開咬治療前

開咬治療前

開咬治療後

開咬治療後

対象疾患

  • 悪い歯ならび(審美的障害)
  • 悪い歯ならびが原因の咀嚼障害など(機能的障害)
  • 顎関節症の治療のために必要な歯ならびの改善
  • 変形した顎(顎変形症)
  • 唇顎口蓋裂などの先天異常に伴う歯ならび
  • その他

治療費

料金は改訂されていることがあります。詳しくは初診時、相談時にご確認ください。

保険診療費
  • 顎変形症と診断され、顎の離断手術を前提とする矯正治療は、健康保険の適応です。
  • 先天異常(唇顎口蓋裂、Down症候群等)による咬合異常の矯正治療は、健康保険の適応です。
自費診療費
  • 初診料(約3,000円)と相談料(2,000円)
  • 形態的検査診断料(30,000円)
  • 矯正装置の料金は、その種類によって異なり10,500円から400,000円程度です。
  • 最も一般的な口腔内全体にワイヤーが装着されるマルチブラケット装置は上下で300,000円です。
  • 矯正治療中には1か月に1度来院します。このときの治療費が5,000円から7,000円程度です。また、エックス線写真の料金は別途請求します。

口腔内全体の矯正治療では総額が550,000円から650,000円程度です。部分的な矯正治療では総額が200,000円程度です。