日本歯科大学新潟病院医科病院

新潟病院について

病院の理念

患者様の立場に立ち、信頼される病院をめざします。
安心・安全で良質な医療を提供します。
地域の医療機関および福祉施設と連携し、人々の健康をサポートします。
次世代を担う人間性豊かな医療人の育成に努めます。

大学病院の特色

日本歯科大学新潟病院は昭和46年4月1日に開設され、地域医療に基盤をおいた医療機関として実績を重ねるとともに、全人的な医療教育および高度な医療サービスのための臨床研究を行っている。

地域医療では、昭和62年より在宅歯科往診ケアチームを発足し(現在は診療科となり、訪問歯科口腔ケア科)、現在、歯科医師3名、衛生士3名で毎日訪問歯科診療を実施している。

病院では、各診療科に加えてインプラントセンター、障害児・者歯科センター、睡眠歯科センターを併設し専門性の高いサービスを行っている。さらに白い歯外来、特殊歯周病治療外来、スポーツ歯科外来、いき息さわやか外来、あごの関節・歯ぎしり外来、口のかわき治療外来、歯科アレルギー外来、歯科鎮静リラックス外来、顎のかたち・咬み合わせ外来の外来部門を設置し患者のニーズに応えている。

教育面ではクリニカルクラークシップをとり、指導医、臨床研修医、学生、衛生士、衛生士学生がチームとなり、臨床研修と臨床実習に対応している。

新潟病院の沿革・概要

昭和46年4月1日
日本歯科大学新潟歯学部附属病院開設
昭和46年11月1日
附属診療所設置、診療開始
 
昭和47年4月19日
附属診療所より附属病院に変更
 
平成18年4月1日
「日本歯科大学新潟歯学部附属病院」から「日本歯科大学新潟病院」に病院名を変更
開設者名
:学校法人 日本歯科大学
病院長名
:山口 晃
標榜診療科目
:歯科/歯科口腔外科/矯正歯科/小児歯科