日本歯科大学新潟病院医科病院

外科

対象

上部消化管
(食道,胃,十二指腸) 疾患
胃癌,胃・十二指腸潰瘍,胃ポリープ,胃粘膜下腫瘍 など
 
下部消化管
(小腸,大腸) 疾患
大腸癌 (結腸癌,直腸癌),腸閉塞症,急性虫垂炎,憩室症 など
肝胆膵疾患
肝癌,胆管癌,胆嚢癌,膵癌,膵炎,胆石症,閉塞性黄疸 など
肛門疾患
内痔核,痔瘻,直腸脱 など
乳腺・内分泌 (甲状腺) 疾患
乳癌,乳腺炎,甲状腺癌,甲状腺腫 など
 
一般外傷,その他
鼠径ヘルニア,爪囲炎,鶏眼,体表腫瘍 など

治療内容と現状

 当院は消化器疾患の専門施設でもありますので,消化器疾患については内科と協力して大病院では実施しにくい小回りのきく,細かいところまで気を配れる治療法の確立,外科の手術の実践を目標としています.
 また,近年増加が著しい乳癌の診療についても今後は積極的に取り上げていき,設備などを充実していきたいと考えています.
 もちろん,当院は大学病院でもありますので,従来の治療法に満足せず,新しくよりよい治療法についても取り入れていきます.

具体的には:

入院,手術までの期間短縮
悪性疾患(癌,肉腫)と診断された患者様に対して,癌の進展を防ぎ,手術待機中の心理的負担を軽減するために短期間での検査,入院,手術実施をめざす.

QOLを考慮した入院治療
患者様の早期職場復帰を目ざした,術後の早期離床,早期退院.

当院での術後退院までの日数:痔核,鼠径ヘルニア手術→1-4日,胆石症手術→2-4日,大腸切除,胃幽門側切除→7-11日 など

低侵襲手術の実践
腹腔鏡下手術,美容面に配慮した小切開創の実践

術後状態の悪化,終末期の迅速対応

診療医師紹介

大竹 雅広(おおたけ まさひろ)
役職:副院長、外科学教授
卒業年次:昭和61年卒
認定資格等:
  日本外科学会/専門医、指導医
  日本消化器外科学会/専門医、指導医、消化器がん外科治療認定医
  日本消化器病学会/専門医、指導医
  日本乳癌学会/認定医
  日本医師会/認定健康スポーツ医、認定産業医
  ICD制度協議会/インフェクションコントロールドクター(ICD)
  日本乳がん検診精度管理中央機構/認定検診マンモグラフィー読影医、認定乳房超音波検査医師