日本歯科大学新潟短期大学は、日本歯科大学、附属病院という歯科衛生士を目指す人にとって医療学習環境に恵まれた短期大学です。高度な講義・臨床実習を通じて、少子高齢化を見据えた時代に即した歯科衛生士を輩出しています。

 
トップページ > 育成環境 > 専攻科
専攻科

歯科衛生士のスペシャリストへ

近年、歯科医学の発展は目覚しく、歯科医療の目標が治療から予防へと広がり、歯科衛生士の役割はなお一層重要になっています。

日本歯科大学新潟短期大学専攻科では、歯科衛生士による予防の普及活動や顎口腔領域の疾患はもちろんのこと、全身疾患に関する専門知識を習得し、資質の向上をはかり、指導者としての歯科衛生士を育成し、多くの医療機関に送り出しています。

時代のニーズに応える歯科衛生士を育成するため
日本歯科大学新潟短期大学の専攻科に2つの専攻が増設されました
〈専攻科在宅歯科医療学専攻〉〈専攻科がん関連口腔ケア学専攻〉

齢化の進展や医療技術の進歩・高度化に伴い、口腔機能の維持・管理を行う歯科衛生士への社会的ニーズが高まっています。良好な口腔環境の維持・回復は医療・介護の質を高めることが確認されています。また、医療や介護の環境は病院から施設や在宅へと拡大・移行しています。

新設する専攻では、専門家として社会の要請に応え、医療・保健・福祉・介護の地域包括ケアシステムを構築するため、熟練した技術、専門的知識の修得および多職種とのコミュニケーション能力の向上を目的としたプロの歯科衛生士を育成します。

専攻科歯科衛生学専攻

歯科衛生学科で学んだ基礎的知識の上に、さらに専門的知識および高度な技術を修得して、応用能力を備えた歯科衛生士を育成することを目的とします。

臨床研修として、新潟病院で専門的な指導を受けるほか、学外研修を行います。専攻研究を行って学修成果(レポート)を作成します。

独立行政法人大学評価・学位授与機構において認定された専攻科であるため、学修成果(レポート)を同機構に申請して審査に合格すると4年制大学の学位(学士)が取得できます。

専攻科在宅歯科医療学専攻

日本歯科大学新潟病院では1987年から地域の要請により、大学では初めて在宅歯科往診ケアチームを設立し歯科訪問診療を実施しています。

これからの歯科衛生士は、在宅歯科医療における安全で高度な歯科医療の提供に必要な知識はもとより、専門的口腔衛生の管理、咀嚼機能の向上、筋機能訓練、摂食・嚥下機能の獲得などの専門的知識・技能・態度の修得が必要です。歯科衛生士の業務を臨床の場で学ぶことにより、歯科訪問診療のプロフェッショナルを育成することを目的とします。

専攻科がん関連口腔ケア学専攻

近年、がん治療の現場では、がん患者の劣悪な口腔環境が関連したさまざまな合併症により、患者のQOL(生活の質)の低下や入院期間の延長などが問題視され、患者の口腔衛生環境の改善・保持および歯科的管理の重要性が増しています。

特に周術期(術前・術中・術後の期間)や抗がん剤化学療法、放射線治療、造血幹細胞移植などにおける感染症予防、口腔粘膜炎軽減策としての口腔ケアと口腔機能管理は極めて重要な位置を占めています。

本専攻は、実践的な臨床の場における研修を通して、診療所または急性期病院において、多職種と連携して、がん患者の口腔機能管理・口腔ケアを担う専門的知識と技能を備えた歯科衛生士を育成することを目的とします。

三度の飯より勉強!(平成25年度卒業生)

私は日歯新潟短大での教育課程で勉強の楽しさを知りました。正直、私は勉強が好きではありませんが、歯科学は違います。というのも気が付けば図書館や書店で歯科関連の書籍を手にして積極的に情報収集を楽しんでいたからです。

専攻科の道に進もうと思った理由も勉強が続けられるからです。歯科学は唯一私が興味を持てた学問であったため専攻科ではより磨きをかけることを目標にしています。就職という選択もあった中、勉強 を選ばせてくれた両親に感謝するとともに、積極的に専攻科を目指すのであれば三度の飯より勉強が好きでなければならないと思っています。

夢を大きく持って(平成25年度卒業生)

私は在学中の3年間を通して歯科衛生士になるために多くのことを学びました。そのなかでも口腔ケアなどの予防歯科の重要性を感じました。

専攻科ではこの3年間で学べなかったより多くの知識を得ることになると思います。そこで私は認定専攻科に進み、歯科衛生士としての技術をさらに向上させたいと考えました。そして専攻科で学んだことを活かして口腔ケアから全身疾患の予防へと繋げていきたいと考えています。

日本歯科大学新潟短期大学では毎日楽しい学生生活を送ることができ、学問においても最高の環境が整っています。私にとってこの3年間はとても充実したものとなりました。これからも理想の歯科衛生士を目指して頑張りたいと思います。

女性としての可能性を広げたい(平成24年度卒業生)

毎日当たり前のように使っている口ですが、ひとつ小さな口内炎ができただけでも気になって舌で舐めてみたり食事のとき気を遣ったりと、とっても敏感で日常生活に与える影響力は大きなものです。また、口の健康は生きるためだけではなく、人生を楽しむためのものにも不可欠なものです。

私は在学中の3年間を通して歯科衛生士は「口の健康から全身の健康」へ、また「心の健康」へと患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上に携わることのできるすばらしい職業だということを感じています。短大卒業後は歯科衛生士として、さらに女性として可能性を広げるため、専攻科に進学して学士を取得する道を選びました。

経験とより深い勉強(平成21年度卒業生)

私は短大卒業後、専攻科に進学しました。専攻科では、淑徳大学の通信教育で心理学を学び、「人間環境学」の学士を修得し、(社)日本心理学会認定心理士の資格も取得しました。その後、新潟病院の歯科衛生士として勤めています。

学生時代は自分自身が理解できる程度の勉強をしていました。しかし、実際に患者さんや、病院実習に来ている学生に接することで「人に説明する」という難しさを実感しました。相手に分かり易くかつモチベーションの上がる説明をするには、経験とより深い勉強が重要だと思います。短大で学んだ歯科の学問と淑徳大学の通信大学で学んだ心理学をべースにこれからの仕事に応用していきたいと思います。

育成環境 短大をもっと知る
100年続く世界最大の歯科大学

明治40年、中原市五郎の私立共立歯科医学校にはじまる世界最大の歯科大学グループで学ぶ魅力と安心に迫る

卓越した教授陣によるバックアップ

短大専任及び同一キャンパスの新潟生命歯学部の強力なスタッフによる高度な教育カリキュラム、短大ながら歯科大学クオリティの指導を受けることができます

入試スケジュール公開

平成27年度入学者向け入試スケジュールを発表、歯科の世界での活躍を夢見る若い力を募集しています。

卒業生専用サイト「校友会」

卒業生団体「校友会」専用サイトでは会員向けに随時活動報告や議事・セミナーなどのご案内を公開しています

第三者評価基準認定校 第三者評価基準認定校

日本歯科大学新潟短期大学は(財)短期大学基準協会による第三者評価基準に適格と認定されました

専門実践教育訓練給付金制度

歯科衛生学科は厚生労働省の教育訓練給付制度(専門実践教育訓練給付)の講座指定を受けました。社会人で歯科衛生士を志望される方はぜひ、ご一読ください。

日本歯科新潟短期大学 KEYWORD