日本歯科大学新潟短期大学は、日本歯科大学、附属病院という歯科衛生士を目指す人にとって医療学習環境に恵まれた短期大学です。高度な講義・臨床実習を通じて、少子高齢化を見据えた時代に即した歯科衛生士を輩出しています。

 
トップページ > 入試情報 > よくあるご質問
よくあるご質問

本学に寄せられるお問い合わせの中から代表的なものをご紹介します

入学試験の選考基準や、受験科目について

一般入試の筆記試験は、英語、国語表現、数学のうち2科目を選択します。そして面接を行います。推薦入試では小論文と面接を行います。

公募推薦での評定平均点について

本学のアドミッションポリシーに適合する方を求めています。

AO入試や社会人選抜試験の実施について

AO入試・社会人入試を実施しています。

二次・三次募集について

若干名追加募集します。

特待生制度について

特待生制度はありませんが、学術奨励賞を各学年3名以内に支給しています。金額は1名に10万円、他は5万円です。

授業時間について

短大における講義・実習は午前9時にはじまり、遅い日は5時に終わります。80分の講義が、20分の休み時間及び1時間の昼休みをはさんで行われます。
新潟病院での実習は原則として、朝9時から開始され、夕方5時に終了します。

病院実習の時間について

2年生の10月から、3年生の9月までの1年間を使って行われます。

クラブ・サークル活動について

短大学生は、新潟生命歯学部生と共通のクラブやサークルに所属して活動できます。所定の手続きをとれば、新たなクラブを作ることもできます。短期大学には、バレーボール・華道の2つの同好会があります。

学食について

短大学生、新潟生命歯学部学生、教職員などが利用している食堂があります。セルフサービスで、ランチのほか、麺類、丼、弁当、ケーキなどを販売しています。また別に喫茶店もあります。

住まいについて

本学直営ではありませんが、委託寮があります。下宿やアパートは、学内の売店で斡旋しています。

アルバイトについて

本学ではアルバイトは奨励していません。アルバイトについては学生の本分である学業を第一に考え、学業の支障にならないように配慮し、職種や作業内容が適切であるかどうか慎重に判断して決定してください。。

自動車による通学

学生用駐車場がないので、学内には駐車できません。原則として自動車通学は認められていません。

奨学金制度

日本学生支援機構(旧日本育英会)に、奨学規定より推薦することができます。また、その他の機関の奨学制度もあるので、毎年度の始めに相談窓口(事務室)に問い合わせてください。

学割・保険制度

学生旅客運賃割引証(学割)は、1人1回4枚、年間10枚以内を交付します。保険については本学学生の実情に合わせてつくられた学生総合保険があります。これは傷害保険、健康保険、学生賠償責任保険を合体させたもので、普通保険よりも掛け金が安く、また掛け金の一部を本学が負担するものです。

学債や寄付金の募集

入学前・入学後とも行いません。

学校見学はできますか

通年受け付けています。いつでも見学にきてください。オープンキャンパスも年5回行う予定です。詳細はホームページ掲載のスケジュールをご参照いただくか、短大事務室までご連絡ください。
入試情報 短大をもっと知る
100年続く世界最大の歯科大学

明治40年、中原市五郎の私立共立歯科医学校にはじまる世界最大の歯科大学グループで学ぶ魅力と安心に迫る

卓越した教授陣によるバックアップ

短大専任及び同一キャンパスの新潟生命歯学部の強力なスタッフによる高度な教育カリキュラム、短大ながら歯科大学クオリティの指導を受けることができます

入試スケジュール公開

平成27年度入学者向け入試スケジュールを発表、歯科の世界での活躍を夢見る若い力を募集しています。

卒業生専用サイト「校友会」

卒業生団体「校友会」専用サイトでは会員向けに随時活動報告や議事・セミナーなどのご案内を公開しています

第三者評価基準認定校 第三者評価基準認定校

日本歯科大学新潟短期大学は(財)短期大学基準協会による第三者評価基準に適格と認定されました

専門実践教育訓練給付金制度

歯科衛生学科は厚生労働省の教育訓練給付制度(専門実践教育訓練給付)の講座指定を受けました。社会人で歯科衛生士を志望される方はぜひ、ご一読ください。

日本歯科新潟短期大学 KEYWORD