日本歯科大学新潟病院医科病院

特殊歯周病治療外来

歯周病危険度のチェックリスト

チェックリストイラスト
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする
  • 歯磨きのとき、出血する
  • 硬いものがかみにくい
  • 歯と歯の間がすいていて、よく物が挟まる
  • 口臭が気になる
  • 歯肉がむずむずする、痛い
  • 歯が長くなった気がする
  • 前歯が出っ歯になる

歯周病の進行

1.歯肉炎
歯肉炎

細菌の出す毒素や酵素などによって歯肉に炎症が起こり、赤く腫れたり、ブラッシング時に出血する。

2.歯周炎(軽度)
歯周炎(軽度)

歯と歯肉の間に歯周ポケットができてプラークや歯石がたまる。血や膿みが出て、歯槽骨が溶け始める。

3.歯周炎(中等度)
歯周炎(中等度)

炎症が深くまで進み、歯槽骨が溶けて歯が前後左右に揺れる。

4.歯周炎(重度)
歯周炎(重度)

歯槽骨がさらに溶け、歯がぐらぐらして物がかみにくくなる。最終的には抜けてしまう。

歯周病の全身への影響

歯周病の全身への影響

(1)血管障害
歯周病菌が動脈壁に到達すると動脈硬化を促進する原因になる。できた血栓(血の塊)が心臓や脳の血管で詰まると心筋梗塞や脳卒中を引き起こすことがある。

(2)心臓病
心臓の弁に障害があり、体の免疫システムが低下している人では、心臓に細菌が入り『心内膜炎』を引き起こし心臓発作を起こす危険性が高まる

(3)肺炎
食物や唾液とともに飲み込んだ歯周病菌が誤って気管や肺に入り込んでしまうと肺炎を起こす。

(4)糖尿病
歯周病菌が出す毒素がインスリンの働きや血糖値の調節を阻害する。そのため、血糖値が高くなり、糖尿病の改善を妨げると考えられている。また、糖尿病があると歯周病が進行しやすくなる。

(5)低体重児早産
胎児は羊水中のプロスタグランジンが一定量になると産まれるが、歯周病菌の毒素もプロスタグランジンをつくるため、早産を引き起こすことがある。

歯周病予防で普段から気を付けることは?

歯周病予防
  • 歯磨きでプラークコントロール
  • 決まった時間に食事する
  • 生活リズムを整える
  • ストレスを解消する
  • 禁煙する
  • 定期的に歯科医院でクリーニングを!

外来ではどんな診療をやっているの?

1.口腔衛生指導

適切なブラッシング(プラークコントロール)の必要性とそのテクニックの指導を行います。

口腔衛生指導

2.歯石除去

歯石の除去をスケーリングといいます。適切なプラークコントロールとスケーリングにより、健康な歯肉になります。

歯石除去

3.再生療法

手術によって失われた歯周組織を再生させます。

再生療法

4.露出した歯根被覆

部分的に歯肉がやせてしまい、歯根が露出した場合、手術によってそれを被覆します。

露出した歯根被覆

5.少ない歯肉の改善

部分的に歯肉がやせてしまい、歯根が露出した場合、手術によってそれを被覆します。

少ない歯肉の改善

6.歯ぐきの黒ずみ除去

口腔衛生指導、矯正治療後、歯肉の黒ずみ(メラニン)除去を行いきれいな歯肉になります。

歯茎の黒ずみ除去

7.定期的なメンテナンス

治療後も定期的に通院していただき定期検査を行い、また良好な状態を維持するためにプロフェッショナルクリーニングを行います。

定期的なメンテナンス